私の太陽

私たちお互いに家庭があります。彼に支えられ彼を癒し…。でもどうにもならない現実。日々いろんな思いがありますが離れられない彼と私です。

離れた心を振り返る

お盆休みになりました😃😭


ランニング、続いてます😆

しんどくなると歯を食い縛り


『あのパーマ屋までは歩かない🔥』


そんなインターバルでやってます🐷


中学校のとき、運動部で、

駅伝チームにおりました。


駅伝チームの走り込みは地獄でした。


体育教官の鬼女教師のことを、

走りながら思い出す😣


「○○💢、あごを引け、すぐにあきらめるんじゃない💢💨」


私は何にしても中途半端だと担任でもあるその鬼女教師に指摘されていた😓


それから、

常に心に…

中途半端はいけない。


高校、勉強頑張って。

バブルがはじけて数年後で就職難の年でしたが思い通りの企業に就職した。


そこに主人がおりました。


主人とは幼い頃から顔見知り。

私の従姉が彼の家の近くで。

遊びに行くと公園で、

同じ空間に居た。


高校のときは駅でみかけたり、

自動車学校で見かけたり。


目立つ人ではないけど。

顔立が整っているから目につく。


話したことはなかった。

ただ、知っている。


学校は同じとこではないので。

同級生ではなく、ただの同い年。


就職してお互いに

知っているという

変なときめきから

つき合い、

結婚し、

家庭に居て欲しいという希望で仕事を辞めて。


息子二人と時間を共有してきた。




続きはまたにします。