私の太陽

私たちお互いに家庭があります。彼に支えられ彼を癒し…。でもどうにもならない現実。日々いろんな思いがありますが離れられない彼と私です。

どうしようもないこと。

昨日、ブログ更新してからのこと。

雨がやまずに避難勧告、避難指示がここらは出ました。


深夜過ぎに彼から、

「緑、大丈夫か?」

とメッセージが入ってた。私は寝てしまってて気がついたのは一時間後。


返信しても未読マークのまま。


警報のサイレンがずっと鳴って。

恐くて。


朝になり、ニュースや知りあいとのやりとりで彼の住む地域は土砂崩れや冠水してるんだと知った。


「○くん、大丈夫?

心配です。」


10時頃にメッセージが。


「緑、大丈夫か?

避難してた。

無事か?」


「よかった。

心配したよ。私は大丈夫。」


既読になり、返信ないまま。


何もなくてよかった。生きててくれてるならそれでいい。


昼間にテレビで被害情況をみてまた不安になりました。


夕方、彼から詳しい被害情況がきました。

涙が溢れてきました。


こんな一大事になって気がつくことあるんだな…。


いつも当たり前のように連絡しあうこと。健康で居られるから。


こんなときは、

御縁があればまた繋がれる。

そういるしかないし。

流れに身を任せるしかない。


でもどんなに思いあってても側には居られない。

当たり前の奥さん、主人が側に居る。


いろんな思いが交錯します(>_<)